アメリカでよかった場所

アメリカに住んでいるので、いくつかの都市に行ったことがあるのですが、その中でも意外に良かったのが、ユタ州にある州都、ソルトレークシティーです。

2002年に冬季オリンピックが開かれた場所としても知られていますが、アメリカ人にとって1番住みたく無い州ということでも知られています。

この理由として、この州は、厳格な宗教であるモルモン教徒が州民の大半を占めるため、法律もその宗教に沿ったものとなっています。
そのため、他の州の人たちにとっては居心地が悪いと感じてしまうのです。

ところが、ここに行ってみると、非常に街並みはきれいで(街全体できれいさをキープすることを推進しています)、美しい自然も残っていて、非常に魅力的な場所でした。
人も多すぎず少なすぎずという感じなのですが、びっくりしたのは、留学先のニューヨークと比較しても意外と物価が高いということです。

カリフォルニアも比較的物価が高いですが、それよりもちょっと高く、家の値段なども、人気の州と変わらないくらいの値段です。